HOME特派員報告>キャンパス イルミネーション 2007 P.1/2
特派員報告



2007年7月28日(土)〜30日(月)に開催されていた武蔵工業大学キャンパスイルミネーションに行ってきました。
主催:武蔵工業大学工学部建築学科 http://kobayashilab.net/

このイベントは建築学科の学生さん達がチームを組み、様々な光でキャンパスを飾ります。
今年で4回目の開催となりますが、毎年全く違うアイディアがたくさん出ているので、本当に感心してしまいます。

私が行った最終日は、あいにくの天気だった為、屋内での展示が多かったのですが、学生さん達みんなが本当にイベントを、光を楽しんでいたのがとても印象的でした。



校舎の壁いっぱいで影遊びができました。
それもただの影遊びではありません。パソコンをプロジェクターにつないで、そのプロジェクターの光を使っていました。
パソコン上で文字を書くとその文字が壁に浮かびあがったり、影で遊んでる人に色を付けたり.... まさにやりたい放題。
影で遊んでいる人も見ている人もみんなが楽しんでいました。




人力で動かしている様子
校舎の壁の色が次々に変わって、木の影も大きくなったり、小さくなったり...
ずっと見ていると、色の変わるタイミングが一定のリズムでなかったり、影の動き方もバラバラ。
どんな仕掛けでやっているのかと、光の出ている方向に行ってみると、なんと人力でした。
ランダムでかつ滑らかな動きに納得。
「やってみますか?」と声もかけていただきました。
骨組みに包帯の様な白い布をぐるぐると巻きつけ、下から光を当てていました。
面白い影が天井に映り、色が変わる毎に印象の全く違う作品になっていました。
廊下に敷き詰められたプチプチ。
昔から潰すのが大好きだったプチプチを踏みながら進んでいくなんて、それだけでワクワクしてしまいました。
一歩足を踏み入れてみると、光がボァッと浮き出てきました。
踏んだ場所ではなく、少し離れた所が光る事もあり、歩くのがとても楽しかったです。
LEDが入っているのかな〜と想い、めくってみると青の豆電球が入っていました。
まさに深海にいるような感じでした。
ガラス天井の上から青い光と水を流し、その波紋が床にユラユラと映っていました。
途中で大粒の雨が降ってきたため、影には波紋の他に雨のツブツブが映り、ますます神秘的な空間になっていました。
壁や天井にグルッと電球がついていました。 歩いていって... 所定の足型マークのところに立ってみると...なんと正円になりました!
感動!!!
足型マーク