HOMEMARIOT EYES--INDEX-->No.6>P.1
MARIOT EYES

「光」は私たちに明るさや輝きを与え、快適な生活環境を作ってくれます。
この、私たちが普段「光」といっているものは「見える光」・・・つまり、赤から黄・青・紫の波長をもつ可視光線をさしているのですが、この可視光線は黄門様みたいに、いつもカクさん(紫外線)とスケさん(赤外線)をお供に連れています。

でも、ただ良いことばかりではなく、困ったお供ハチベエさん(変退色・温度上昇)も一緒なのです。



この表からもわかるように、「光」のうち可視限界380nm以下の波長の紫外線が変退色など劣化の光化学作用を、780nm以上の波長の赤外線が”熱 ”となって温度作用をもたらすようです。

つまり、光をうけているすべてのものは直接あるいは間接的にこれらの影響をうけ、劣化しているのです。

MARIOT EYES vol.6では、「光による損傷Part.1」としまして、まず”熱 ”についての盲点を探っていこうと思います。


 インデックス
TOP