松下美紀 氏 インタビュー2015.11.17

デザイナーは命の大切さを人に伝えられる仕事。

海のすぐ近く、福岡県百道浜のオフィスで笑顔で迎えてくださった、照明デザイナー 松下美紀氏。

奈良で読んだ古事記、山間部の景観照明、ホスピスで出会った子どもたちのあかり。
松下氏が心を打たれたエピソードを交えながら、照明デザイナーという立場から、人と光、命と光に向き合っている様子を教えていただきました。




松下 美紀  Miki Matsushita
照明デザイナー
1989年 松下美紀照明設計事務所を設立。
日本全国のプロジェクトへ参画し、重要文化財の照明デザイン、国立公園や、まちの照明ガイドライン制作、教育施設、文化施設、医療施設、交通機関から商業施設まで幅広い分野の光環境を創出している。1993年より、タイ、韓国、中国、台湾など福岡を中心に約4,000km圏内のアジア諸国における照明デザインも数多く手掛ける。また、照明デザインに関するアドバイザー、審議会委員、大学の講師を務める。