富田泰行 氏 インタビュー2017.05.30

光のデザインとは、関係性をデザインすること。

多くの街づくり・地区開発で、光環境の形成に携わる、照明デザイナー 富田泰行氏。

その場所、そこに集うヒト、そこにあるモノ。
――照明デザインとは、それらを関係づけること。

富田氏が考える”デザインの責任”について、教えていただきました。




富田 泰行  Yasuyuki Tomita
照明デザイナー
1980年東京芸術大学大学院修士課程デザイン専修。
1980~95年株式会社石井幹子デザイン事務所在籍。
1996年トミタ・ライティングデザイン・オフィス設立。
1997年株式会社トミタ・ライティングデザイン・オフィス代表取締役、現在に至る。
主なプロジェクトに、「南池袋公園」「東京駅八重洲口開発グラントウキョウ+グランルーフ」「豊洲2・3丁目地区開発計画」など。