• 光のタトゥー東京乱反射スケープ
  • 光のタトゥー 東京乱反射スケープ

    川畑博哉著 / デザインオフィースケイ、2005年

ビルの窓の乱反射や、壁面に映る街路樹のシルエット――雑然とした都市の中に、偶然にも現れた光の文様。

著者が追いかけた刹那の光と影の美を、ある一日の時間軸に沿って構成した美しいビジュアル書です。
誰に意図されるでもなく、気まぐれに、そして必然的に現れる光の美しさに魅了されます。
それぞれの撮影場所は、巻末の地図に記載されています。

あなたもこの本とともに、都市と時間軸によって展開される「光のタトゥー」を辿る旅に出かけてみてはいかがでしょうか。