光と動きの「ポエティクス/ストラクチャー」2017.01.12

artcom_rhizomatiksresearch

会期:2017年1月14日(土)~3月20日(月・祝)

 
ニュー・メディアを用いたインスタレーションや空間を設計・開発し、ビジネス、文化、研究などの分野において、世界中にクライアントをもつアート+コム。
メディアアート、データアートといった研究開発要素の強いプロジェクトを中心に扱い、まだ見たことのないモノ・コトを世の中に発表していくライゾマティクスリサーチ。

二組による展覧会が、NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]で開催されます。
本展は、「光と動き」という要素を、二組のチームがどのように表現しているかを、「ポエティクス(詩学)」、「ストラクチャー(構造)」をテーマに二つのスペクタキュラーな作品において展観するそうです。

1/14(土)には、ユッシ・アンジェスレヴァ(アート+コム)、真鍋大度・石橋素(ライゾマティクスリサーチ)によるトーク・セッションも開催されます。

hikariikunews_line001
アート+コム/ライゾマティクスリサーチ 光と動きの「ポエティクス/ストラクチャー」

会期:2017年1月14日(土)~3月20日(月・祝)
休館日:月曜日、2月12日(日)
開館時間:11:00~18:00(金曜日、土曜日は20:00閉館、入館は閉館の30分前まで)
会場:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA(東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階)
入場料:【一般・大学生】500円(400円) 【高校生以下】無料 ※( )内は15名様以上の団体料金
URL:http://www.ntticc.or.jp/ja/exhibitions/2017/art-com-rhizomatiks-research-poetics-structures-of-light-and-motion/
hikariikunews_line001